あなたの会社は、取引先の名刺をリスト化できていますか?

あなたの会社は、取引先の名刺をリスト化できていますか?

年末、年賀状を作成する時期にいつも困っていませんか?

いよいよ10月も終わりが近づき、年末に向けた準備に忙しい会社も多いのではないでしょうか。そんな年末に欠かせない作業の一つといえば、今も昔も変わらず「年賀状の作成」ですよね。仕事の連絡はほとんどメールで済む時代だけに、「年賀状は送らない」という方も増えているようですが、普段はハガキや手紙を送らない今だからこそ、逆にアナログの年賀状を営業ツールとして役立てている会社も少なくないようです。

ただ、年賀状を作成する時に困るのが、取引先の担当者をリスト化する作業です。「年賀状は送った方がいいと思っているけど、宛名書きの手間を考えると面倒で・・・」。なかにはそんな会社もあるのではないでしょうか。年賀状や暑中見舞いなどのために、改めてリスト化をするのは確かに大変です。そんなときこそ、威力を発揮してくれるのが名刺のデータ化です。

名刺の情報を活用すれば、あなたの会社の販促が変わる!

当然ですが、普段から名刺をデータ化しておけば、わざわざまとめてリスト化する作業は必要なくなります。しかも、クラウド化によって社内で情報を一元管理しておけば、年賀状を同じ取引先に重複して送ってしまうような経費の無駄を確実に削減できます。また、以前の役職・部署のままで送付してしまうといった失礼も未然に防ぐことができるのです。

名刺をリスト化する効果は、年賀状だけに留まりません。ダイレクトメールを一斉送付したい時などにもデータを活用できますし、メールアドレスを管理しておけば、そもそも紙のダイレクトメールを減らし、メールを活用したイベントの告知や商品紹介に切り替えることで、低コストで売上を伸ばすことも可能になるはずです。名刺をデータ化してうまく活用すれば、あなたの会社の販促活動を劇的に変えることだってできるかもしれません。



WEBシステムやkintone導入の無料相談承ります。(ちらし屋ドットコムのメンバー集合写真)

無料相談会実施中
お気軽にご相談ください。

顧客管理を徹底して営業を強化したい・クレームを減らしたい・アナログな業務を効率化したい・業務をシステム化したいなど