そもそも名刺をデータ化するってどういうこと?

そもそも名刺をデータ化するってどういうこと?

「面倒だから」と名刺を放置していませんか?

ビジネスをする上で欠かせないのが「名刺の管理」です。なかには日々の営業活動の中で、毎日のように名刺が増えていくという方もいるのではないでしょうか。帰社後、名刺入れから取り出し、専用ファイルやフォルダーに入れ直すといったアナログな管理を続けている方の中には、「整理が面倒になり、しばらく放置している」なんて方もいらっしゃるかもしれません。

取引先ごとに五十音順で並べるなど、どれだけ分かりやすく整理しているつもりでも、いざお目当ての名刺を探そうとすると時間が掛かったり、急に外出先で確認する必要が出てきて困ったという経験をお持ちの方も少なくないと思います。そして、そんな時こそ威力を発揮するのが「名刺のデータ化」です。

アプリなどを活用して簡単にデータ化できます。

名刺のデータ化にはさまざまな方法があります。もちろん、名刺に記載された情報を一つずつ入力する方法もありますが、これには大変な時間がかかります。そこで最近では、名刺をデータ化するための専用ソフトやスキャナー、さらにはスマホアプリなども登場してきており、名刺を大量に読み込み、短時間でデータ化することが可能になっています。

名刺にはたくさんの情報が盛り込まれています。取引先の会社名、担当者名、連絡先やメールアドレス、ホームページのほか、個人の携帯番号が記載されている場合も多いです。これらの情報をデータ化しておけば、必要な情報をすぐさま探し出し、営業活動をはじめとした様々な業務を効率化することができます。「まだ紙のままで名刺を管理している」「そもそも名利の整理が面倒でできていない」という方は、この機会に名刺のデータ化に取り組んでみてはいかがでしょうか。



WEBシステムを活用した業務改善の無料相談承ります。

無料相談会実施中
お気軽にご相談ください。

WEBシステムを活用して業務効率を改善したい、顧客管理を徹底して営業を強化したい・クレームを減らしたい・アナログな業務を効率化したい・業務をシステム化したいなど