システム導入の流れ

システム導入の流れ

WEBシステムの開発から納品まで

お客様の大切な業務をシステム化し、効率化を図るお手伝いをする際は、以下の「ウォータフォールモデル」を活用し開発を進行させて頂きます。
私たちの仕事は、下記の項目の要素が絡み合って、お客様の目的としているシステム(製品)を開発します。

  • お客様要件の実現(IT技術を駆使した提案、分析)
  • 品質の確保

これらを確保するため、一定のルールを元に品質を担保し顧客の要求を納品すると共に、その対価を頂戴します。

下記の流れは、これらを実現するための基本的なモデルです。「ウォータフォールモデル」を使い、上流から下流に各局面(局面、フェーズ)毎に完結し出戻りを抑えたモデル構造を基本とします。

img03_systerm

打ち合わせ

必要なWEBシステムを開発するために、お客様のお悩みやご要望を打合せ・ヒアリングさせて頂きます。

  • WEBシステムの導入を検討された経緯、業務のお悩み
  • 現在の業務内容やお仕事の流れを確認
  • WEBシステムを導入して達成したい目的

などを中心にヒアリングさせて頂き、まずはお客様と弊社間の認識を合わせ、構想をまとめていきます。

打合せ後に、全体的な構想と概算のお見積をご提出致します。この時にご提出するお見積については概算となり、細かく要件定義を進める中で発生したご要望や追加機能につきましては別途お見積をさせて頂く事がございます。ご了承くださいませ。

要件定義

お客様の要望をより明確にし、要件に落とし込んでいきます。
この要件を両社共通の着地点として定めます。

ご提出資料

  • 要件定義書

基本設計

WEBシステムの構造や実装までの方針を定め、機能、データ形式、操作画面のレイアウト(ユーザーインターフェイス)などを定義します。

詳細設計

基本設計で定められた機能や機能、データ、レイアウトなどに基づいて、それをどう実現するかを定義します。
細分化された機能の中から、それら1つ1つがどのような動作をすべきか、またその機能をどう結合するかなどの詳細な部分を設計していきます。

実施

上記までの工程で定められた事項に従って、実際にWEBシステムを開発を進めていきます。

内部結合テスト

細分化された機能を組み合わせて、それら1つ1つが正しく動作するかのテストを行います。

外部結合テスト

既存システムや、外部のからのデータを開発したWEBシステムと連携し、正しく動作するかのテストを行います。

システムテスト

完成したシステムに対して要件を満たしているか、ユーザー目線での検証を行います。

納品

要件定義で定められた着地点へと到達し、納品となります。
もちろん、納品後のシステム改良・サポートにつきましても、ご要望やシステム規模に応じてご対応させて頂きます。